入り口にお花が咲いてます

何時の間にか11月に入ってますが、今年は秋に入ってからも温暖なためか、 カフェ入り口両側のお花があでやかに咲いて、 お客様や道行く人々の目を楽しませてくれております。 そしてここ2~3日は平均気温に下がってきましたので、 毎日の水やりの回数を減らさなければならないようです。
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税&お客様のイラスト

皆様ご存知のとおり、消費税が10月1日に8%から10%に増税になりました。 消費税はは、創業した20年年前は3%で、 その後5%になり、8%になり、そして今回10%になりましたが、 当店の価格は創業時のままですから、 その間に消費税が7%アップになり、コーヒー豆は、 産出国の内戦などや中国などの消費拡大などで、 とんでもない…
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内アート作品№10毛筆 雅号「峯庭」

毛筆の三人目は私の甥(兄の長男)の奥さん小織さんです。 製薬会社勤務のキャリアウーマンで、娘さん二人のお母さんです。 優しく清楚で礼儀正しい方で師範です。 毎年干支を書いて送ってくれますが、 義父の米寿のお祝いに「長生安楽」を篆書で書いて送ってくれました。 その書は義父の処にありますが、その時一緒に送ってくれたのが 「桃の花…
コメント:0

続きを読むread more

東福寺 福島慶道住職

今回は臨済宗東福寺派元管長福島慶道先生の書です。 カフェのお客様が元通信社に勤務されていて、 その会社時代にお付き合いのあった関係者数十名が、 毎年東福寺の紅葉が綺麗な時に集まり、 福島慶道管長のご講話を拝聴し、 座禅を体験、精進料理を戴く催しがあり、 その事前打ち合わせや、ご挨拶を兼ねて管長と会われる時に、 私も誘われ同…
コメント:0

続きを読むread more

cafe内アート作品紹介№9・高橋新峰先生(高橋学)

書道のトップバッターは本山新峰先生です。 本山新峰先生(高橋学)はあの高橋是清元総理のお孫さんです。 私の、友人の紹介で知り合いになり色々経営的なアドバイスや、 会社の印鑑の製作もしていただきました。 カフェにも数回お越しいただきましたが、 温厚で優しいお方です。 某大手製薬会社の社長より経営の相談を受け、 風水で液体…
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内アート作品№8・蕨先生

蕨さんとは、知人の会社で月一回勉強会がありそこで知り合いました。 1991年に大阪府守口市で花博が開催されましたが、 西三荘周辺にコミュニティーロードが建設され、 そこに自然木を加工して音階を付けた音具を製作して頂きました。 作品に自然やぬくもり、そして優しさを感じさせるクラフト作家でしたが、 若くして病に倒れ、残念ながら永遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品作品紹介№7・渡辺おさむ先生

下記の作品は、 20年ほど前に、仕事仲間(彫刻家)の紹介で、 大阪で開催中の「渡辺修さん」の作品展を見学に行き、 記念に購入したものですが、独自のジャンルでとてっも面白い作品と思いました。 残念ながら、ご本人は不在でした。 経歴[編集] 山口県立華陵高等学校英語コース 卒業。 2003年東京造形大学デザイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品作品紹介№6・三沢憲司先生

三沢憲司先生 1945年 長野市で生まれる 1968年 多摩美術大学油絵科卒業 1969年 第一回国際美術展(箱根彫刻の森美術館)コンクール賞 1983年 第16回東京現代美術展東京美術鑑賞 1986年 ハーバード大学客員教授 同大学にて古典 下記の作品は、三沢先生が京都市内で個展をされたときに 購入させて頂きまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品紹介№5上村松篁作品

この絵は、友人の父親が務めていた会社が、 創立○○周年記念に贈呈したもののようで、 その父親がお亡くなりになり、後日譲り受けたものです。 ご存知の方も多いとは思いますが、 上村松篁さんは、1902年日本画家未婚の母、上村松園の長男として生まれる。 母、上村松園は京都の葉茶屋の娘で、美人画の巨匠として知られ、 情勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の年もカラーのお花が咲きました。そして令和へ・・・

昨年度とほとんど同じ月日にカラーが咲きました。 真っ白で清潔感あふれるお花です。 昨年と同じく二輪咲いたのですが、 写真を撮りそこなって現在は一厘になってしまいました。 カフェを訪れる方や、道行く人が思わず足を止めて眺めていかれます。 癒しのお花です。 平成も残り5時間を切りました。 30年間と言えば人生の重要な機関の半分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品紹介№4・柏原エリナ先生

今回のご紹介作家は柏原エリナさんです。 この作品は、カフェオープン記念としてお贈りいただいたもので、 アルミニウム素材で出来ていて、壁に掛けれるようになってる 半立体作品です。 柏原エリナさんとのお付き合いは、今から40年程前になりますが、 ご主人の、田中敬一さん(レーザ-アーチスト、光・環境造形作家) とK-One Spa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェの植栽が咲き始めました。

カフェの入り口には、お客様から頂いたり、 購入したりした鉢植えのお花や樹木などが多々あります。 三月に入り(と、言ってももう一日で終わりですが(笑・笑) 色々なお花が咲き始めました。                          スノー・フレーク                        四年目のシクラメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴蘭でしょうか

今年で二年目になりますが、 又、分からないお花が咲きました。 この鉢には、鈴蘭と水仙が咲いておりましたが、 三年前に枯れたのかと思いましたら、 昨年から、このような葉は水仙のような葉で、 花弁は、鈴蘭に似た花が咲いています。 実際の鈴蘭の葉はもっと幅が広いですし、 花弁はもっと丸まっていると思うのですが、 どうして、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品№3(作・近持イオリ先生)ご紹介

イオリさんとの出会いは、1995年前後に若手石調作家で名前が売れ出していたころかと思います。 会社でお会いした後で、滋賀県琵琶湖近くの住居兼アトリエをお訪ねしました。 そこは、山林の中にあり夜は少々怖かったですが、 北海道の山育ちの私には心地良い場所でした。 奥様も絵を描かれ素敵な方です。 残念ながら、仕事でご一緒する前に私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品№2(作・一原有徳先生)ご紹介

カフェ内に展示させて頂いている作品のご紹介№2は、徳島県でお生まれになり、 3歳で北海道虻田郡真狩村に移住そして13歳で小樽に移住された一原有徳先生です。 私がお会いした時は先生が67歳頃で、版画作家としてご活躍されていましたが、 最初は小樽地方貯金局(小樽郵便局)に勤務されてた、 同じ小樽地方貯金局勤務の画家須田三代治氏に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ内のアート作品№1(作・多田美波先生)ご紹介

新年があけてから全く更新できておりませんでした。 今回から、時々店内にありますアート作品のご紹介をさせて頂きたいと考えます。 先ず、第一回目ですが。 この作品は、大変お世話になりました多田美波先生から頂いた作品で、私の宝物です。 このクリスタルガラスの作品名は「ハート&ハート」です。            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵子さんから二度目の万華鏡が!

ラグビー大学選手権準々決勝は、12月22日に恵子さんの息子さんが出場した天理大学が、 大東文化大学を30対17で破り、1月2日秩父宮ラグビー場でV10を目指す帝京大学と対戦します。 関西選出大学として優勝目指して頑張っていただきたいと思います。 23日の朝、恵子さんがご来店し私たち夫婦のために三個の万華鏡を持ってきてくださり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手製バッグ

恵子さんから、我々夫婦の写真入りの素敵な万華鏡をプレゼントして頂きましたが、 万華鏡を作って頂けるとのお話があった時に、 日頃趣味で妻が作っている、手提げバッグやショルダーバックの写真をお見せすると 「是非自分にも作ってほしい」と言うことでしたので、 夫婦でデザインなどを考え妻が編んだバックをお贈りました。 後日談ですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な出会い

11月11日 千葉県流山市で万華鏡の仕事をされている恵子さんが、 昨日の関西大学ラグビーリーグで、 息子さんの出場した天理大学が勝利し、 11時頃から京都万華鏡ミュージアムで仕事があると言うことで、 9時頃お見えになりました。 前回お見えになった時に、我々夫婦の写真を撮り、 その写真を利用した万華鏡を製作して持ってきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「池田小学校110周年記念式典」そして不思議なご縁が

数週間前の出来事になります。 11月10日の朝に、 「4~5年振りに来ました」と言って、少々年配の女性がご来店になりました。 「以前は千里ニュータウンに住んでいたが、現在は千葉県習志野市に住んでいて、 足も悪く中々来れなかった」と言うことでした。 お父さんが以前に池田小学校の校長をしていたが、明日池田小学校の110周年記念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more