カフェ内のアート作品作品紹介№7・渡辺おさむ先生

下記の作品は、
20年ほど前に、仕事仲間(彫刻家)の紹介で、
大阪で開催中の「渡辺修さん」の作品展を見学に行き、
記念に購入したものですが、独自のジャンルでとてっも面白い作品と思いました。
残念ながら、ご本人は不在でした。


画像


経歴[編集]
山口県立華陵高等学校英語コース 卒業。
2003年東京造形大学デザイン学科卒業。
2007年長野県信濃美術館「五感でアート展」に於いて美術館デビュー。同年、MOCA(上海現代美術館)「ECOxDESIGN展」にて海外美術館デビューを果たす。
2008年以降、北京での個展を皮切りに、上海、ミラノ、ベルギー、トルコ、香港と立て続けに海外で作品を発表。

母親が製菓学校講師だったので、幼い頃からお菓子に囲まれて暮らしており、学校から帰ると母が作ってくれたお菓子が用意されていて、また誕生日などの記念日でも作ってくれたお菓子を食べられ、幸せな想い出となった[1]。美術大学に進学し、作品として何を作るか思案する段になって、自分の人生で一番身近な存在で 幸福な想い出と密接に結びついていたお菓子を作品とすることに思い至った[1]。

マカロンなどの洋菓子やさまざまなフルーツのフェイクを散りばめて、エンターテイメント性に富み、甘くて幸せなイメージを展開している。NHKをはじめとしたテレビへの出演、百貨店内やエステサロンを装飾するコラボレーション、アニメーションとのコラボレーション、など美術に疎遠になりがちな人々にも親しまれてきた。このような活動について本人はインタビューで「クリームが増殖する様に、自分の表現が様々な文化と結びつき世界に広がって行くというプロジェクトを、様々なメディアや企業とコラボレーションする事によって実現しています。」と語っている。[2]


受賞歴
京都アートコンペ2001 審査員特別賞(2001年)
第19回ひとつぼ展 入選(2001年)
ターナーアクリルアワード 審査員特別賞(2001年)
アミューズアートジャム2007 倉本美津留賞(2007年)

下記の作品は渡邊さんの作品です

https://otajo.jp/files/2014/02/atlas-2012TOP.jpg

https://otajo.jp/files/2014/02/7.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック